手記 > カディを男が着る時代

カディを男が着る時代

 

 

 

暖かくなるまで入荷を遅らせてました。NICENESSのカディプリントシャツで展示会で真っ先にピックした品番。他店は1月?には発売しているようで、今更詳しい説明はいらないと思いますが、経ヨコ手紡ぎ糸のインドカディに、南インドの伝統的な木版プリントを施したシャツです。形はフランスとイタリアのドレスシャツのミックス。台襟抜いた少し大きめのイタリアンカラーは気分です。透け感あるカディは日本では圧倒的に女性需要とされてきたと思います。時代が変わってきましたね。

 

 

 

 

ご存じ、インドの暑季は猛暑で気温40度以上になったりするので、日差しも避けられる薄手生地の長袖の方が快適だったりするのです。もちろん宗教的な意味合いで肌の露出を減らしているのもありますが。このカディはインドから直送のリミテッド生地で、色単位あたりの生産数もかなり少ないそう。柿乃葉ではインディゴとダークベージュを入れています。風を通してコシがなく落ち感のある素材ですし、真夏対応なのでこれは少し大きめに空気はらませて着るのが単純に涼しいし雰囲気も出るかと。自分はもちろんLです。2色買いしたい。今週は滅多にない日曜のみの営業です。在庫がありましたら月曜に商品帖に掲載します。

 

 

 

 

 

22.4.10- Sun

LEE ( KHADIブロックプリントSH )
Khadi Cotton
D.Beige / Indigo
M / L
49.500 tax in ( 45.000 )
NICENESS